2009年06月18日

心無いファンの嫌がらせを悲しむ

酷い話です。自宅に嫌がらせとは。

対戦相手の斎藤選手も十字架を背負って生きていくと言っています。
その気持ちがなぜ分からないのか。
仮に面と向って文句を言って良いと言われても言えないでしょうね、このファンは。

勇気も、モラルも無い。
最低です。
ファンとは言えません。

今回の件を事故を言っています。人と人との事故の場合通常被害者、
加害者の立場になるのですが、今回の場合は被害者のみ。
もちろん斎藤選手を加害者だなんて思っていません。

となると天災で被害を受けたのと同じ様なものなのでしょうか。
まだまだ悲しみが収まらない三沢選手の「事故」です。

齋藤の自宅に心なきファンが悪質嫌がらせ
13日・広島大会で三沢さん最後の対戦相手となった齋藤彰俊に対し、心ない一部のファンから齋藤の妻子が住む愛知県の自宅に悪質な嫌がらせ行為のあったことが17日、分かった。ノアの仲田龍統括本部長が都内で明かし「レスラーは覚悟して戦っている。誰が最後の相手になってもおかしくなかった。(三沢さんの)遺族も齋藤選手を励ましていた。三沢も天国で悲しむ」と訴えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000012-dal-fight
posted by neko5hikitaihen at 13:10| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供の頃タイガーマスクが大好きでした。悲しい事故ですよね。本人はプロレスラーとして幸せだったのか?まだまだやりたい事もあったのか?
遺族の方も対戦相手の方も悲しいですね。
でも、ホントに心ない方々ですね。
本当にファンだったら考えて欲しいものですよね。
謹んでご冥福をお祈り致します。
Posted by みやびん at 2009年06月20日 00:34
みやびんさんへ
私の子供の頃はアニメの本物タイガーでしたね。
彼はレスラーとして幸せだったと思いますよ。
自分で団体を立ち上げたくらいですから。
今年引退して、違う事業をする絵を描いていたそうです。
残念ですね。
海外も含めてレスラーの死は多いと思います。
受身を取らない試合が多くなってきていましたから、事故があっても不思議ではないとも言えます。
プロレス界はある意味、今味岐路に立っていると思います。
Posted by neko5 at 2009年06月20日 02:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]